ミノキシジルの副作用が心配な人はキャピキシルで解決!

441926薄毛治療薬として有名なミノキシジル。

日本では唯一の発毛剤としてリアップなどが有名ですね。薬局などでも男性なら一度は目にしたことがあると思います。

これは頭皮に直接塗るタイプのミノキシジルですが、薄毛外来など病院では飲むタイプのタブレット型のミノキシジルも処方してくれるところもあります。

しかしこのミノキシジル、どちらのタイプも残念ながら副作用のリスクはつきもの。

命に関わるような深刻なものではありませんが、具体的には頭皮の痒みや動悸、むくみ、多毛症など、人によっては副作用に耐え切れずに使用を断念する人もいます。

 

ミノキシジルの副作用で悩む方の救世主登場!?

では、ミノキシジルを使えない人は薄毛改善は諦めるしかないのでしょうか?

実は最近、副作用のない育毛成分として非常に注目されている成分があります。

キャピキシルと呼ばれる成分で、
もともとはカナダの化粧品会社で研究開発された成分です。

このキャピキシルは、ミノキシジルと同等もしくはそれ以上の効果があると言われていて、
さらには副作用がまったくないとして今非常に注目を浴びている成分なんですね。

 

キャピキシル配合の育毛剤はすでに国内でもいくつか販売されていて、
医薬品ではないので誰でも気軽に手に入れることが可能です。

人気どころでいうと、フィンジア、ボストンスカルプエッセンス、
Deeper3D、スカルプ5.0cなどが知名度が高く人気の商品ですね。

ミノキシジルを使いたくても使えない人は、
ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

パーマや縮毛矯正が薄毛に与える悪影響とは?

2016-05-05_15h54_15

一昔前に比べて最近では、
パーマ人口は全体的に減っているといわれていますが、

今でもパーマをかけてから髪が痛んで抜け毛が多くなったとか、
髪の毛が細くなってボリュームが以前より少なくなったなど、
薄毛の予備軍ともいえる悩みは減っていません。

 

たしかにヘアパーマは
専用の薬品を一定時間つけて放置しておくわけですから、

やはり頭皮や髪そのものにもダメージは与えますし、
薄毛につながる可能性があることはたしかです。

とくに天然パーマの方などがストレートの髪に憧れて
縮毛矯正やストレートパーマをかける方がいますが、

あれは非常にダメージが強いうえに頭皮に炎症を起こすケースもあり、
とくに薄毛につながる可能性は高くなります。

 

ダメージの上塗りでさらに悪化も

パーマ液によるダメージは自己治癒で通常は徐々に治るわけですが、
治るまでにはずいぶんと長い期間がかかるうえに、
なかなかいったん受けたダメージをなかったことにするのは難しいと言われています。

その期間、頭皮が回復していないままシャンプーやコンディショナーを使ったり、
ワックスやスプレーなどスタイリング剤を使うことになるわけで、
さらにダメージは回復しにくくなってしまうわけです。

 

お洒落のためにヘアスタイルに気を使うことは素晴らしいことだとは思いますが、
薄毛が心配な方や抜け毛が多いことを自覚されている方は、
自分が何を優先するのか?一度考えてから選択されるといいでしょう。

http://iacevents.org/

雨漏りを放っておくと大変なことに!

8ca7f0fc5f4ff489828984606ad938a5_s

最近ゲリラ豪雨が多くなっていて雨漏りの被害も増えています。

多少の雨漏りぐらいなら放っておいても平気かな?

そんな方は危険です。

 

自宅が木造の場合、雨漏りを放っておくと最悪の場合、

木が腐って大変なことになります。

 

鉄骨の場合には鉄が錆びてしまいます。

鉄筋コンクリートの場合、鉄が錆びると膨張して

コンクリートが割れてしまうことにも!

 

そうなってしまってから業者に修繕を依頼すると

膨大な工事費用を請求されることもあります。

 

雨漏りが始まったら出来るだけ早い時期に

防水工事業者さんなどに依頼してきちんと修繕してもらいましょう。

 

最近では鉄骨造りの戸建ても増えています。

その場合、屋根は陸屋根といって平らな作りになっています。

 

この手の屋根の場合、15年前後に一度の防水工事が必要になります。

しかし、現実には雨漏りが発生するまでは防水工事をしないケースが

ほとんどです。

 

その理由は工事費用が高額だからです。

例えば、屋上部分が15坪ある場合、

防水工事の費用は50万~70万程度必要になってきます。

 

住宅メーカーに依頼すると1.5倍~2倍ほどになるケースも

珍しくありません。