雨漏りを放っておくと大変なことに!

8ca7f0fc5f4ff489828984606ad938a5_s

最近ゲリラ豪雨が多くなっていて雨漏りの被害も増えています。

多少の雨漏りぐらいなら放っておいても平気かな?

そんな方は危険です。

 

自宅が木造の場合、雨漏りを放っておくと最悪の場合、

木が腐って大変なことになります。

 

鉄骨の場合には鉄が錆びてしまいます。

鉄筋コンクリートの場合、鉄が錆びると膨張して

コンクリートが割れてしまうことにも!

 

そうなってしまってから業者に修繕を依頼すると

膨大な工事費用を請求されることもあります。

 

雨漏りが始まったら出来るだけ早い時期に

防水工事業者さんなどに依頼してきちんと修繕してもらいましょう。

 

最近では鉄骨造りの戸建ても増えています。

その場合、屋根は陸屋根といって平らな作りになっています。

 

この手の屋根の場合、15年前後に一度の防水工事が必要になります。

しかし、現実には雨漏りが発生するまでは防水工事をしないケースが

ほとんどです。

 

その理由は工事費用が高額だからです。

例えば、屋上部分が15坪ある場合、

防水工事の費用は50万~70万程度必要になってきます。

 

住宅メーカーに依頼すると1.5倍~2倍ほどになるケースも

珍しくありません。