花粉症の症状から子供を守るためには?

68907461dcaad9a693e27f39d600f815_s

 

 

花粉症はおとなの病気、という認識がありましたが、それはすでに過去のものです。花粉症の子供は年々増えていて、発症年齢もどんどん下がってきています。3歳以下の子供にまで、花粉症の診断がされる場合も出てきています。

花粉症の子供が増えている背景には、スギ花粉の爆発的な大飛散が起きていることの他に、現代の子供たちを取り囲む生活環境が与える影響も大きいと考えられています。大気汚染はもちろん、食生活の変化や、子供世界でのストレスが増していることも原因のひとつと言われています。

花粉症の症状から子供を守るためには、大人がある程度管理をしてあげる必要があります。子供は大人に比べてまだ免疫力が低いため、鼻や目の粘膜に影響を受けやすい傾向があります。花粉が飛散する時期には、花粉をできるだけ遠ざける工夫をしてあげて下さい。

外出時のマスクはかけさせたいものですが、子供が嫌がる場合や、スポーツなどで無理な時にはエア—マスクを利用するのも良いでしょう。帰宅したら、家に入る前に体についた花粉を払いうがい、手洗いをしっかりとして家にできるだけ花粉を持ちこまないようにして下さい。また、アレルギー体質の子供や親が花粉症の場合、花粉症を発症する確率が高まるのでサプリメントの服用などで、体質改善をはかり花粉症予防につとめるのも良い方法だと思います。